大相撲の元関脇逆鉾でもろ差しの名人として知られた井筒親方(本名福薗好昭=ふくぞの・よしあき)が死去したことが16日、関係者への取材で分かった。58歳だった。鹿児島県出身。最近は膵臓を患っており、8月からは東京都内の病院に入院。日本相撲協会の巡業部副部長などを務めていたが、秋場所は初日から休場していた。

 弟の元関脇寺尾、兄の元十両鶴嶺山とともに“井筒3兄弟”と呼ばれた。1978年初場所初土俵。父の先代井筒親方(元関脇鶴ケ嶺)譲りのもろ差しからの速攻で活躍し、87年九州場所から89年春場所まで9場所連続関脇を務めるなど活躍した。