東京・池袋のホテルの一室で30~40代ぐらいの女性遺体が見つかった殺人、死体遺棄事件で、現場の部屋に出入りしていた男が、池袋駅北口付近の防犯カメラに写っていたことが14日、警視庁池袋署捜査本部への取材で分かった。捜査本部は、男が現場へ向かう際や逃走時に電車を使ったとみて行方を追っている。

 男の服装が、入室時の黒い上着から、退室時には白い服に変わっていたことも分かった。逃走しやすいよう上着を脱いだり着替えたりした可能性がある。

 室内に女性の携帯電話や身分証などが見当たらず、男が持ち去った疑いがあることも判明した。