前世界ボクシング機構(WBO)スーパーフェザー級王者の伊藤雅雪(横浜光)が13日、東京・後楽園ホールでライト級10回戦を行い、ルーベン・マナカネ(インドネシア)を6回TKOで下し、再起戦を飾った。

 ことし5月に判定負けで王座から陥落した28歳の伊藤は「しっかりKOで勝てたことを弾みにしたい。また世界チャンピオンになって、僕にしかできない伝説をつくりたい」と語った。

 伊藤は1回にバッティングで右目が大きく腫れるアクシデントがあったが、4回に連打でダウンを奪取。6回に右ストレートなどで3度ダウンを奪って試合を決めた。