巨人が優勝へのマジックナンバーを6とした。一回に岡本の適時打で先制し、三回に押し出し死球、四回に阿部の適時打で加点した。山口は八回途中1失点で10三振を奪いリーグトップの14勝目。広島は九里が4回3失点と崩れた。