中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の担当者は13日、千葉市で開かれた東京ゲームショウでゲーム開発者らに向けて講演し「ファーウェイは多数の利用者の目に触れる機会をつくれる」と述べ、自社のスマートフォン向けゲームアプリでの協業を呼び掛けた。

 ファーウェイは技術覇権を巡る米中摩擦のあおりで、日本政府から大手携帯各社の高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムの基地局整備から事実上排除されている。ゲームなど独自アプリを強化し、日本市場などでスマホ販売にさらに力を入れていく姿勢を示した。