ラグビーW杯に挑む日本代表は13日、1次リーグA組初戦となるロシアとの開幕戦(20日・味スタ)に向けて東京都内で練習を本格的に開始した。フッカー堀江とFW第3列の姫野、ナンバー8マフィら故障者が全体メニューに復帰し、1週間後に迫った本番へ戦力は整いつつある。

 堀江は首、姫野は左足首を8月の網走合宿で痛めた。W杯前最後の実戦となった9月6日の南アフリカ戦は欠場したが、公開された全体練習の冒頭15分では先発とみられる組に入った。7日に堀江が「日に日に良くなっている」、姫野も「順調にきている」と語っていた通り、大会には問題なく臨める見込みだ。