政府は13日午前の閣議で、第4次安倍再改造内閣の副大臣25人と政務官27人の人事を決定した。法務副大臣に自民党の義家弘介衆院議員、国土交通副大臣に御法川信英衆院議員、青木一彦参院議員を起用。環境副大臣に自民党の佐藤ゆかり、石原宏高両衆院議員を充て、衆院当選4回で初入閣した小泉進次郎環境相を補佐する。副大臣の女性の起用は2人で、第4次安倍改造内閣発足時の5人から減った。

 入閣ゼロに終わった自民党の石破茂元幹事長が率いる石破派からは、内閣府副大臣に平将明衆院議員が入った。厚生労働副大臣には自民党から、橋本岳衆院議員を充てた。