2020年東京五輪・パラリンピックの観客向け暑さ対策として、大会組織委員会は13日、海の森水上競技場(東京都内臨海部)で開催するカヌー・スプリントのテスト大会で、人工的に雪を降らせる実験を行った。

 使われたのは映画やCMの撮影などに使うトラック型の降雪機。屋根のない観客席の一角に組織委スタッフら約160人を観客に見立てて座らせ、その頭上に5分間、放出した。組織委によると、実験が行われた午前10時すぎは曇りで気温約25度と涼しかったが、約300キロの氷を砕いて降らせた雪には大粒の塊も混じり、体験した人からは「清涼感は感じた」などの声が上がった。