【フランクフルト共同】欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は12日、理事会後の記者会見で、ユーロ圏各国の政府に、景気刺激のための財政出動をするよう強く要請した。ユーロ圏経済を下支えするには金融政策だけでは不十分と判断した。

 ドラギ総裁は「今こそ財政政策が責任を負うべき時だ」と強調。「財政出動の余地がある国の政府は、効果的で時宜にかなった方法で行動すべきだ」と訴えた。

 ECBは12日の理事会で追加金融緩和を決定。マイナス金利の水準をさらに引き下げたほか、国債などを購入し市中に資金を大量に供給する量的金融緩和政策を再開する。