【フランクフルト共同】欧州中央銀行(ECB)は12日、ドイツ・フランクフルトで理事会を開き追加金融緩和を決めた。民間銀行から資金を預かる際の金利をマイナス0・4%からマイナス0・5%に引き下げる。利下げは2016年3月以来3年半ぶり。

 国債などを購入し市中に資金を供給する量的金融緩和政策も11月1日に再開する。量的緩和は昨年末に終了して以来となる。金融政策を総動員し米中貿易摩擦の影響で減速するユーロ圏の景気を下支えする。

 米連邦準備制度理事会も来週に追加利下げを決める可能性がある。世界経済の減速懸念が強まる中、日銀への緩和圧力が強まる可能性もありそうだ。