【モスクワ共同】ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の開幕戦で日本と対戦するロシアのジョーンズ監督は11日までにタス通信のインタビューに応じ「日本に勝てる可能性は25パーセントだ」と語った。

 ジョーンズ氏は「日本にはW杯に向けて6年の準備期間があった。相当の覚悟で大会に臨んできているし、力強い応援は選手を奮い立たせる」と、日本が有利な要因を挙げた。

 1次リーグA組の他チームについては、サモアは「前回大会でベスト7に入るチームだった」と実力を評価し、スコットランドとアイルランドは「素晴らしいコンディションで欠点が見当たらない」と述べた。