【サンパウロ共同】スケートボード・パークの東京五輪予選対象大会第3戦の世界選手権は12日、ブラジルのサンパウロで開幕、女子は日本勢の表彰台独占が期待される。11日は競技スタート前最後の公式練習で予選大会3連勝を狙う岡本碧優(Proshop Bells)らが調整した。

 シード選手で14日の準決勝から登場する岡本は、圧倒的な優勝候補だが調子はいまひとつ。高難度の演技を思うようにこなせず「練習時間が短く、全然技が決まらなかった。正直、不安が残る」と弱気ものぞかせた。