【ブリュッセル共同】イタリアのコンテ首相は11日、ブリュッセルの欧州連合(EU)本部を訪問し、トゥスク大統領、ユンケル欧州委員長、フォンデアライエン次期委員長らと個別会談した。反EUの右派に代わり親EUの中道左派政党が加わった新政権を発足させたコンテ氏は、EU首脳らと「心のこもった」意見交換をしたと述べ、関係改善をアピールした。

 欧州メディアによると、コンテ氏はEU首脳らと、アフリカからイタリアなど地中海諸国を目指す移民・難民問題などを巡り協議した。