楽天が競り勝った。1―1の九回1死満塁、銀次の2点適時打で勝ち越した。3番手のブセニッツが4勝目を挙げ、松井が35セーブ目。日本ハムは打線がつながらず、0―1の六回に追い付くのが精いっぱいだった。