高級車BMWの販売店に不当なノルマを課し、達成できない分を買い取らせた疑いが強まったとして、公正取引委員会は11日、独禁法違反(不公正な取引方法)の疑いで、独BMWの日本法人「ビー・エム・ダブリュー」(東京)を立ち入り検査した。

 関係者によると、同社は数年前から複数の販売店に、通常の営業活動では達成できないノルマを課し、達成できなかった分を買い取らせて販売店名義で新車登録させるなどした疑いが持たれている。

 独禁法は取引上の地位が優越している企業が、その地位を利用して取引先に不当に不利益を与える行為を「優越的地位の乱用」として禁止している。