ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会に向けて来日しているチームが11日、各地で練習を公開した。史上初の3連覇を目指すニュージーランドは事前キャンプを行う千葉県柏市内で練習。気温の上昇を考慮し、予定より1時間早い午前8時過ぎに練習を開始。公開された冒頭15分では巧みなボールさばきでパス交換し、約2時間汗を流した。会見に出席したフォスター・コーチは「とても暑いが、その暑さを楽しんでいる」と笑みを浮かべた。

 21日の1次リーグB組初戦は優勝候補の南アフリカとぶつかる。ライバルに対し、同コーチは「自信を付けているだろうが、われわれも準備をしている」と話した。