自民党の二階俊博幹事長ら新執行部は11日、党本部で就任記者会見に臨んだ。再任となった二階氏は、安倍晋三首相の党総裁連続4選に関し「もし総裁が決意したら、国民の意向に沿う形で党を挙げて支援したい」との認識を示した。自民の総裁任期は連続3選まで。首相の総裁任期は2021年9月までとなっている。

 憲法改正については「総裁の意向に沿って、党を挙げて憲法改正に向けて努力を重ねたい」と述べた。

 岸田文雄政調会長は「ポスト『東京五輪・パラリンピック』時代へ、自民党の政策をリードする」と決意を表明。「党是の改憲に向け党の一員として雰囲気づくりを後押ししたい」と強調した。