【ソウル共同】韓国産業通商資源省は11日、日本が7月に始めた半導体材料3品目の韓国向け輸出規制強化措置は「政治的な動機による差別的な措置」で不当だとして、世界貿易機関(WTO)に提訴した。

 世耕弘成経済産業相は11日、韓国側からWTOの紛争解決手続きに基づいた協議要請があったことを明らかにした。

 日韓の通商分野の紛争は国際機関に舞台を移すことになった。最終的な結論が出るまでに少なくとも1年以上かかる見通しで、関係悪化の長期化は必至だ。

 記者会見した韓国産業通商資源省の兪明希・通商交渉本部長は、韓国だけを直接的に狙った「差別的な措置だ」と批判した。