【ヤンゴン共同】サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選F組で10日、日本はヤンゴンでミャンマーを2―0で下し、7大会連続の本大会出場を目指す戦いの初戦を勝利で飾った。

 雨でピッチがぬかるむ中、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング33位の日本は同135位の相手を序盤から押し込み、前半に中島(ポルト)、南野(ザルツブルク)が得点した。18歳98日で後半に途中出場した久保建(マジョルカ)はW杯アジア予選での日本の最年少出場となった。

 モンゴルとの第2戦は10月10日に埼玉スタジアムで行われる。