ヤクルトが競り勝った。4―4の延長十回、途中出場の塩見が中前に勝ち越し打を放った。九回のピンチをしのいだ石山が2勝目。秋山が不調だった阪神は四回に福留の犠飛で追い付いた後はあと一本が出ず、十回はドリスが打たれた。