会社などの組織に属さない「フリーランス」として芸能や出版といった分野で働く人の61・6%が、取引先や上司からパワハラを受けた経験があることが10日、日本俳優連合など3団体の調査で分かった。セクハラ被害では36・6%。フリーランスに特化した詳細な調査は初めてとみられる。団体側は厚生労働省に対策を求める要望書を提出した。

 フリーランスで働く人は内閣府の推計で306万~341万人。ハラスメント防止措置を強化した女性活躍・ハラスメント規制法が先の通常国会で成立したが、雇用関係のないフリーランスは対象外。