富山市議会事務局に無断で立ち入り、女性職員の机を物色したことなどが発覚した木下章広市議(37)について、富山県警が10日、建造物侵入の疑いで書類送検したことが捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、書類送検容疑は6月25日夜、正当な理由がないのに議会事務局に立ち入った疑い。

 机を物色しているところを女性職員本人に目撃され、木下市議は7月1日の会派代表者会議で謝罪した。市は同5日に県警に被害届を提出し、その後県警が建造物侵入容疑で市議の自宅や議員控室を家宅捜索していた。