2020年東京五輪・パラリンピックに向け、国が整備した新強化拠点「ナショナルトレーニングセンター(NTC)イースト」(東京都北区)の開所記念式典が10日、行われた。パラリンピック選手に配慮してバリアフリー化を徹底したことが特徴。日本障がい者スポーツ協会の鳥原光憲会長は「待ちに待った開設。選手は大喜びして、東京大会に向けてさらに挑戦心を燃やしている」と完成を歓迎した。

 五輪とパラの共用の練習施設として、既存の味の素NTCや国立スポーツ科学センター(JISS)に隣接する場所に約194億円を投じて整備された。