安倍晋三首相(自民党総裁)は11日の内閣改造・党役員人事で、文部科学相に萩生田光一党幹事長代行を起用する方針を固めた。西村康稔官房副長官は経済再生担当相に充てる方向。高市早苗元総務相が再入閣し、衛藤晟一首相補佐官と河井克行・党総裁外交特別補佐が初入閣する見通しとなった。自民党選対委員長には下村博文党憲法改正推進本部長を充てる。これにより党四役が固まった。関係者が10日、明らかにした。首相は大詰めの人事調整を続けた。

 萩生田氏は官房副長官を務めた首相側近。2017年から幹事長代行として、二階俊博幹事長を支えた。