【北京、ソウル共同】韓国軍は10日、北朝鮮が同日朝、中部、平安南道の内陸部から日本海側に向けて飛翔体を2回発射したと明らかにした。弾道ミサイルかどうか分析を進める。北朝鮮の崔善姫第1外務次官は9日夜、米朝実務協議に9月下旬にも応じる用意があると表明。非核化交渉の主導権を握るため硬軟両様で仕掛けた形だ。

 防衛省は10日午前に緊急の幹部会議を開催。岩屋毅防衛相は記者団に「北朝鮮はたび重なる発射により関連技術の高度化を図っている。これを深刻な課題と捉え、警戒監視態勢に万全を期したい」と述べた。