【北京共同】北朝鮮の崔善姫第1外務次官は9日夜、非核化などを巡る米朝実務協議に関連して談話を出し、9月下旬ごろ、米国との「包括的な討議」に応じる用意があると表明した。具体的な場所と日時は今後決めるとしている。朝鮮中央通信が伝えた。

 金正恩朝鮮労働党委員長に近い高官が協議の意思を明言したことで、米朝交渉が月内にも再開する可能性が出てきた。米側は出席者を含め調整を加速させたい考え。9月下旬に国連総会一般討論が予定されているニューヨークも実務協議の候補地となりそうだ。

 トランプ米大統領は9日、ホワイトハウスで記者団に「何が起きるか見てみよう」と述べた。