【エルサレム共同】イスラエル軍は1日、レバノンからイスラエル北部に向けて複数の対戦車ミサイルが発射され、軍の拠点や車両に当たったと発表した。中東の衛星テレビ、アルジャジーラによると、レバノンのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラは声明で、ミサイル発射を認めた。イスラエル軍はレバノン南部のミサイル発射地点に反撃した。

 死傷者の有無や被害の程度は明らかになっていない。イスラエルとヒズボラの間で緊張が高まり、報復の連鎖につながる恐れがある。ヒズボラはイスラエルと敵対するイランの影響下にある。