【釜山共同】12の国・地域で争う野球の18歳以下によるU18ワールドカップ(W杯)第3日は1日、韓国・釜山郊外の機張で行われ、初の世界一を目指す高校日本代表は1次リーグB組第3戦で5連覇を狙う米国を16―7で破り、開幕3連勝とした。

 日本は1―1の三回に武岡(青森・八戸学院光星)の適時打、石川(愛知・東邦)の2点適時打などで一挙5点を奪った。四回にも5点を追加。米国の反撃にあったが、八回の4得点で突き放した。佐々木(岩手・大船渡)は出場しなかった。