【北京共同】米小売り大手コストコホールセールは1日までに上海で中国1号店をオープンし、行列ができるほどのにぎわいを見せている。米中貿易摩擦を巡りトランプ米政権は米企業の中国撤退を求めているが、中国メディアは中国市場の購買力の大きさを証明したとアピールしている。

 開店は8月27日。海外メディアによると、初日は買い物客が押し寄せて混乱、周辺の道路も大渋滞した。28日は入店制限したが、それでも多くの人が詰めかけたという。

 中国国営通信の新華社は、コストコの盛況は「中国市場の外資に対する巨大な吸引力」を表していると強調した。