秋の全国交通安全運動(21~30日)を前に、警視庁成城署は1日、タレントの小林麻耶さんを一日署長に迎え、世田谷自動車学校で交通事故の防止を呼び掛けるイベントを開いた。小林さんは来年の東京五輪に向け「安全運動の代表選手の1人として日常生活を送ってほしい」と訴えた。

 交通安全教室では、横断歩道があることを予告する「ダイヤマーク」の標示や歩行者優先のルールについて紹介。歩行者側にも「車が止まってくれると過信せず自分の安全を守りながら歩いて」と語った。