福岡県太宰府市にある太宰府天満宮は1日、今月開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会での日本代表チームの活躍を祈念し、ユニホームの柄をモチーフにしたお守りと、おみくじの授与を始めた。11月2日まで販売する予定だが、お守りは無くなり次第終了する。

 お守りは1500円、おみくじは100円で、ユニホームの赤と白のボーダーを模したデザインをそれぞれ取り入れた。

 太宰府天満宮によると、祭られている菅原道真は学問の神様として有名だが、学問を通じて文化の発展も担ったという。大会を通じて参加国同士が交流し、各国の文化が発展するようにとの願いも込めた。