【北京共同】中国の共産党・政府系メディアは1日、香港で8月31日にデモを強行した市民らを「暴徒」と呼び「香港をまるで戦場のようにした」と強く非難した。中国外務省も外国人記者らに電子メールを送り「過激な犯罪」と強調するなど、デモの違法性を国際社会にアピールしている。

 共産党機関紙、人民日報(電子版)は1日、「極悪非道な暴徒」が政府本部に火炎瓶を投げ付けるなどしたと報道。「香港の(秩序を守るための)“防衛戦”は引くに引けない段階に達した」と指摘した。

 中国外務省は31日夜、デモ隊を撮影した動画や写真を外国人記者らに送信し「世界に知らせてほしい」と訴えた。