都市型スポーツの世界トッププロが集まるXゲームのオスロ大会は8月31日、オスロで夏季、冬季の両種目が同時に行われ、来年の東京五輪で新採用されるスケートボードのストリートで女子は18歳の西村碧莉(木下グループ)が56・33点で優勝し、Xゲーム2連勝を飾った。西矢椛(ハスコ)は31・00点で6位。男子は堀米雄斗(XFLAG)が6位だった。

 スノーボードの女子ビッグエアは14歳の村瀬心椛(ムラサキスポーツ)が77・66点をマークして2位に入り、男子ビッグエアは2014年ソチ冬季五輪代表の角野友基(STANCER)が84・66点で3位となった。(共同)