和歌山県太地町でイルカなどの小型鯨類の追い込み漁が1日、解禁された。県警の警察官が反捕鯨団体の活動を警戒する中、太地いさな組合の漁船12隻が午前5時ごろ、太地漁港を出発した。

 日本は6月30日に国際捕鯨委員会(IWC)を脱退。それまで実施してきた調査捕鯨をやめ、7月1日に日本の領海と排他的経済水域(EEZ)で商業捕鯨を31年ぶりに再開した。反捕鯨団体の動向が懸念されたが、漁港には国内の動物愛護グループのメンバーら約10人が集まる程度だった。

 約半年続く漁の期間中、県警が漁港の近くに臨時交番を設置し、第5管区海上保安本部(神戸)も職員を派遣する。