企業主導型保育所2カ所に対する整備助成金をだまし取ったとして、詐欺の疑いで再逮捕されたコンサルタント会社「WINカンパニー」(福岡市)の社長川崎大資容疑者(51)が、他に3カ所への助成金計約3億円も不正に受給した疑いがあることが9日、関係者への取材で分かった。

 詐取額は再逮捕容疑の約2億円と合わせて計約5億円に上るとみられ、東京地検特捜部は川崎容疑者らを勾留期限の13日に追起訴する方針。

 3カ所は「KIDSLAND守山」と「KIDSLAND栄」、「KIDSLAND美章園」。いずれも設置会社は川崎容疑者が実質的に経営、WIN社が助成金の申請を代行していた。