国土交通省と静岡県、JR東海は9日、環境対策を巡り難航している県と同社とのリニア中央新幹線に関する協議で「状況に応じて国交省が検討促進に努める」との文書を連名で発表した。沿線各都県でリニア工事が進む中、同県内だけが本格着工できておらず、早期開通を望む愛知県などが国の調整を求めていた。

 静岡県とJR東海は、リニアの南アルプストンネル掘削による大井川の流量減少対策で対立。県が設置した有識者らによる専門部会に同社が参加して協議を続けている。

 文書では「自然環境への影響を回避・軽減するための措置が必要」と指摘し「部会の検討を見守る」とした。