【ワシントン共同】米誌タイム電子版は8日、トランプ米政権とアフガニスタンの反政府武装勢力タリバンの和平協議で、米大統領選後となる来年11月末までに駐留米軍の大半を撤退させる方針で一致したと報じた。ただ撤退後も対テロ部隊を残したい米側にタリバン側が反対するなど難題が複数残っており、正式な合意に至るかどうかは予測できないとしている。

 アフガンでの戦闘は2001年から約18年も続く「米史上最長の戦争」。トランプ氏は米軍の早期撤退を実現し、大統領選に向け外交的成果として打ち出したい考えだ。