習志野が終盤の粘りで逆転勝ちした。1点を追う九回に角田の適時打で追い付き、十回は和田の適時二塁打で勝ち越した。六回途中から登板した飯塚は、6者連続を含む8奪三振と好救援し、勝利を呼び込んだ。沖縄尚学は六回1死満塁から奥原のスクイズで一時勝ち越したが、七回以降は1安打。永山も粘ったが、九回は守備の乱れも響いて失点した。