【スバ(フィジー)共同】ラグビーの日本代表は10日、ワールドカップ(W杯)日本大会の前哨戦となるパシフィック・ネーションズカップ(PNC)最終戦の米国戦(スバ=フィジー)に臨む。9日はスバ中心部のグラウンドで調整し、3試合連続で先発するフッカー堀江(パナソニック)はパワフルな相手に対し「当たり負けしないようにすることがFWの鍵。W杯どうこうよりも、貪欲に勝ちにいきたい」と意気込みを語った。

 練習ではさまざまな場面からの攻撃を確認した。世界ランキング11位の日本はフィジー、トンガに連勝。同13位の米国も2連勝し、全勝対決となる。