東日本大震災の被災地を元気づけようと福島、宮城、岩手3県を駅伝方式でつなぐ「みちのくマラソン」の最終走者として、タレントの間寛平さん(70)が9日、ラグビー・ワールドカップ(W杯)開催会場の釜石鵜住居復興スタジアム(岩手県釜石市)でゴールした。

 スタンドの住民らから拍手や声援を送られた寛平さんは、ゴールテープを切った後、トライを決めるポーズを取った。「立派なスタジアムだ。2年前はまだ足場を組んでいた」と語った。

 マラソンは2012年に始まり、今年で8回目。7月27日に福島県相馬市を出発し、車での移動を挟んで芸人たちとたすきをつなぎ、計約50キロを走った。