ショーレストラン「美少女戦士セーラームーン SHINING MOON TOKYO」が、東京・麻布十番に15日オープンする。運営元は「世界中のファンが集まる場所にしたい」と意気込んでいる。

 漫画やアニメが国内外で人気の「美少女戦士セーラームーン」。2013年から同作品のミュージカルを手掛ける制作会社「ネルケプランニング」による本格的なステージを見ながら、キャラクターにちなんだメニューを味わえる。麻布十番は物語の舞台としても知られ、ファンにはたまらないロケーションだ。

 外国人観光客も楽しめるよう、ショーは基本的にせりふなしで展開する。作品世界から飛び出してきたようなセーラー戦士たちが主題歌「ムーンライト伝説」に合わせて踊ったり、客席の間を走り抜けたりして、気分を盛り上げてくれる。

 見た目にも味にもこだわったというメニューは、作品のモチーフである惑星をイメージした手まりずしや、カラフルなドリンクなど。食器やコースターは記念に持ち帰ることができる。

 缶バッジやTシャツなどオリジナルグッズも販売する。いずれもキャラのシルエットなどがあしらわれ、大人の女性でも持ちやすいデザインが特徴だ。

 ランチは食事のみで3500円、ディナーはショーと食事で7500円から。いずれも公式サイトから事前予約が必要。