愛知県は9日、同県豊田市の養豚場と、隣接する同県長久手市の県農業総合試験場で、県内で14、15例目となる豚コレラが発生したと発表した。一連の豚コレラでは35、36例目。養豚場で飼育している約300頭と、試験場の約700頭を殺処分する。

 県によると、養豚場では8日午前、経営者から「豚が1頭死んでいる」と連絡があった。県の遺伝子検査で、死んだ豚を含め11頭中6頭が陽性と判定され、9日に国との協議で感染が確定した。11日までに殺処分を終え、13日までに埋却や消毒などの防疫措置が完了する見通し。