柔道の世界選手権(25日開幕・日本武道館)で3連覇を狙う男子66キロ級の阿部一二三、妹で2連覇を目指す女子52キロ級の阿部詩らが9日、東京都内で、在学中の日体大の壮行会に出席し、阿部一は「けがをするアクシデントもあったが、しっかり準備できている。オール一本勝ちで優勝する」と宣言した。

 この日、22歳の誕生日を迎えた阿部一と19歳の阿部詩は昨年に続き、きょうだいでの世界一に挑戦。阿部詩は「追われる立場になった。去年よりも強い覚悟で挑みたい」と必勝を期した。

 日体大からは男子81キロ級で昨年2位の藤原崇太郎も出場。「やってきたことを出し切る」と意気込んだ。