【ワシントン共同】米国務省のオルタガス報道官は8日の記者会見で、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする香港の「逃亡犯条例」改正案への抗議デモを巡り、香港民主派と面会した米外交官の個人情報を中国政府が流出させたとして「暴力的な政権がやることだ」と批判した。

 中国政府の影響を受ける親中派の香港メディアが最近、黄之鋒氏ら若手の民主活動家と、香港の米総領事館員が接触する様子を撮った写真を報じたのを念頭にした発言とみられる。中国外務省の香港出先機関が「(接触は)内政干渉だ」と米側に抗議していた。