【ニューヨーク共同】国連のグテレス事務総長は、インド北部ジャム・カシミール州の自治権剥奪問題に懸念を表明し、インドとパキスタンに対し「ジャム・カシミール州の地位に影響を与えかねない措置」を控えるよう「最大限の自制」を呼び掛けた。ドゥジャリク事務総長報道官が8日の定例記者会見で語った。

 ドゥジャリク氏によると、パキスタンのクレシ外相が国連安全保障理事会に対応を求めた書簡が安保理メンバー国に配布された。国連はインド、パキスタン両国の国連代表部と接触している。