楽天が延長戦を制して3位に浮上した。7―7の十一回に失策とウィーラー、茂木の連続押し出し四球、浅村の犠飛で4点を勝ち越した。久保が2勝目。西武は木村が2本の同点本塁打を放つなど粘ったが、最後はマーティンが乱れた。