長崎は9日、米国による原爆投下から74年を迎える。長崎市松山町の平和公園で平和祈念式典が営まれ、投下時刻の午前11時2分に黙とう。田上富久市長が平和宣言で、核兵器を巡る世界情勢への危機感を表明し、日本政府に憲法の平和理念を堅持するよう訴える。8日は市民らによる関連行事が各地であり、平和公園では、手作りキャンドルに灯をともして核兵器廃絶を誓い、平和を願う鐘の音が響いた。

 「せんそうがおきないように」「平和の一歩 自分から」。公園内の「平和の泉」では8日夕、児童らのキャンドル約3千個が辺りを優しく照らし、色とりどりの手書きのメッセージが浮かび上がった。