世界最高峰の英国ロイヤルバレエ団などで活躍したバレリーナ吉田都さん(53)の現役引退公演「ラストダンス」が8日夜、東京の新国立劇場で開かれた。吉田さんの表情豊かで美しい踊りに観客から大きな拍手が送られた。

 公演は、吉田さんゆかりの作品などから抜粋した小品集。吉田さんは4演目に出演し、「シンデレラ」「誕生日の贈り物」は軽やかに舞い、「白鳥の湖」「ミラ・ウォーカーズ」は深い情感をたたえて踊り、観客を作品の世界に引き込んだ。

 同バレエ団で吉田さんの相手役だったフェデリコ・ボネッリさんら国内外のダンサーも出演し、花道を飾った。