8日午後3時半ごろ、埼玉県熊谷市妻沼の利根川で、市内に住む18歳と17歳のいずれも高校3年の男子生徒が流されて行方不明となった。消防と警察が捜索したが見つからず、日没のためいったん打ち切った。9日朝に再開する。

 県警や熊谷市消防本部によると、同じ県立高校に通う5人のグループで川に遊びに来ており、泳いでいた3人のうち2人の行方が分からなくなった。川は埼玉と群馬の県境を流れ、無事だった1人は群馬県側に自力で泳ぎ着き、その場にいた同県大泉町の職員に助けを求めた。

 付近の川幅は約200mで水深約1・5m。遊泳は禁止されておらず、水量や流れの速さも普段通りだった。