女子ゴルフのAIG全英女子オープンで日本選手として42年ぶり2人目のメジャー制覇を果たした渋野日向子(20)が凱旋試合となる国内ツアー、北海道meijiカップ開幕前日の8日、北海道北広島市の札幌国際カントリークラブで初めてラウンドし「回りやすい。優勝した後の試合は大事なので、しっかりと予選を通過したい」と意欲を高めた。

 6日に帰国後、会見やテレビ出演など前日まで多忙で、ようやくコースでプレーした。前夜の睡眠時間は4~5時間で「眠い」と疲れは抜けていないが、強い雨も降る中、プロアマ戦で18ホールをこなした。グリーンではボールの転がりを丁寧にチェックした。